2回、けん制で挟んだ群馬の一走・茂木槙(右)を栃木GBの川崎(中央)がタッチアウト=小山運動公園野球場

3回、栃木GBの若松(右)が右翼線に勝ち越しの適時打を放つ=小山運動公園野球場

2回、けん制で挟んだ群馬の一走・茂木槙(右)を栃木GBの川崎(中央)がタッチアウト=小山運動公園野球場 3回、栃木GBの若松(右)が右翼線に勝ち越しの適時打を放つ=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は19日、小山運動公園野球場で群馬と戦い、5-4で競り勝って今季初の2連勝を飾った。通算7勝3分け9敗で南地区3位のまま。

 栃木GBは2点を追う二回、葭葉幸二郎(よしばこうじろう)の2点本塁打で追い付くと、三回は若松聖覇(わかまつせいは)の適時打などで2点を入れて勝ち越し。四回は大貫礼央(おおぬきれお)の適時打で1点を加えた。

 守っては先発の内林瑞貴(うちばやしみずき)が粘り、その後は3投手で継投。12安打を浴びながら4失点でリードを守り切った。

 次戦は21日午後1時から、茨城県の笠間市民球場で茨城と戦う。