記者会見する早川市長

 【足利】早川尚秀(はやかわなおひで)市長は20日の定例記者会見で、北部山間地域の地域資源を生かしたサイクルツーリズムを推進する考えを示した。名草、松田地区などで誘導看板や自転車を収容するサイクルラックの設置を進め、ヒルクライムなどを楽しみたい人が訪れやすい環境を整備する考え。自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」をアドバイザーに迎え、市は今後、自転車文化を生かしたまちづくりの協定を結ぶ方向だ。

 飲食店をはじめとする協力店舗も募り、フォトスポットなどの設置を進める。早川市長は「自転車に乗りながら地域資源も楽しんでもらい、多くのサイクリストに足利のファンになってほしい」と説明した。