「宇都宮クラフトコーラ イチゴ味」

 栃木県産とちおとめピューレを使った「宇都宮クラフトコーラ イチゴ味」が6月1日、発売される。発売元は「クラフトコーラはいろいろと出ているがイチゴ味はないはず。ご当地商品として新しいものに挑戦した」とアピールしている。

 菓子卸の関口(鹿沼市流通センター、関口快太郞(せきぐちかいたろう)社長)と土産品企画販売の永井園(日光市松原町、永井孝資(ながいたかし)社長)、クラフトコーラシロップ「TOKYOクラフトコーラ」などを製造するポールスタア(東京都東村山市)が共同開発した。

 オレンジピール、レモン果汁、スパイス抽出エキス、国産ショウガを使用。関口の担当者は「爽やかさと香りが強く、全体的に飲みやすい」。お酒やフロート、パンケーキ、かき氷など各種用途で楽しめるという。

 内容量は200ミリリットル。50ミリリットル分を1、炭酸水3の割合にして、4杯分飲める。希望小売価格972円。