打ち方を指導する水井さん(右)

 バドミントン元日本代表の水井妃佐子(みずいひさこ)さんを講師に招いたバドミントン講習会が4日、栃木県下野市大松山1丁目の石橋体育センターで開かれ、市内の小中学生ら約60人が参加した。

 水井さんは奈良県出身でバルセロナ、アトランタの両五輪に出場。現在、作新学院大バドミントン部のコーチを務めている。

 この日、水井さんは参加者に「失敗を恐れずに楽しんでほしい」と呼び掛け、スマッシュやサーブの打ち方などを丁寧に指導した。石橋北小6年の石島美桜(いしじまみお)さん(12)は「素早くプレーすることがとても参考になった。試合でも相手のスマッシュをしっかり拾いたい」と話していた。