バスケットボールB1宇都宮ブレックスは14日、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)(32)、喜多川修平(きたがわしゅうへい)(36)と来季契約で合意したと発表した。

 遠藤は2012年に当時の下部組織へ入団し、その年にトップチーム昇格。今季はレギュラーシーズン(RS)52試合に先発し、1試合平均失点リーグ最少を誇るチームの守備の要として活躍した。喜多川は17年にB1琉球から加入。RS先発は3試合にとどまったが、54試合に出場し球際に強い守備でチームを支えた。

 遠藤は「来季もチャレンジャーとして戦い続けたい」。喜多川は「ファンと一丸となって優勝をつかみ取ることができ、心から感謝。来季も一緒に戦ってほしい」とコメントした。