ジョシュ・スコット(左)とアイザック・フォトゥ

ジョシュ・スコット

アイザック・フォトゥ

ジョシュ・スコット(左)とアイザック・フォトゥ ジョシュ・スコット アイザック・フォトゥ

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスは16日、インサイドの主軸、センターのジョシュ・スコット(28)とパワーフォワードのアイザック・フォトゥ(28)が来季契約に合意したと発表した。

 米国出身のスコットは2019年にB1琉球を退団し20年にブレックスへ入団。高さとパワーを生かした得点力やリバウンド力を武器に今季はレギュラーシーズン全56試合に先発。チャンピオンシップ(CS)では1試合平均13得点、同11・2リバウンドを記録しチームの快進撃を支えた。

 ニュージーランド出身で同国代表でもあるフォトゥは今季からブレックスでプレー。高い献身性や攻守の強度に定評があり、RSは54試合に先発し1試合平均13・7得点を記録。CSでも全6試合に先発し、安定感のあるプレーを見せた。

 スコットは「来季もプレーできることに興奮している。この先、どんな高みに到達できるか楽しみ」。フォトゥは「来季もひとつでも多くの勝利を届けられるよう、毎日ハードに戦っていく」とコメントした。