参院選を前に開かれた署長会議=17日午後、県警本部

 22日公示、7月10日投開票の参院選を前に、県警は17日、県警本部で署長会議を開き、厳正公平な選挙違反の取り締まりや適正捜査の推進について確認した。

 新型コロナウイルス禍の影響で、対面での開催は約2年半ぶり。全19署のうち18署長が県警本部に集まった。各署の刑事課長らはオンラインで参加し、計102人が出席した。

 野井祐一(のいゆういち)本部長は「公正な選挙で国民の意思が正しく政治に反映されることは民主主義の根幹だ」と強調。「不偏不党、厳正公平な立場を堅持し、悪質な違反に重点を置いた積極的かつ効果的な取り締まりを推進してほしい」と訓示した。