子どもたちの「おいしい」がやりがいに

 昨年4月に就農し、宇都宮市道場宿町でイチゴ「とちおとめ」の栽培を始めた大久保秀一さん夫妻。秀一さんは東京で調理師として働いていましたが、妻・智美さんの実家が同市の栗農家だったことから農業に興味を抱き、一昨年3月に家族4人で移り住みました。

 市などが主催する見学会に複数参加する中、「ずっと愛せる作物を育てたい」と夫婦でイチゴ農家として就農を決意。そこから1年、秀一さんが研修を通して育苗から植え付け・収穫等の基本を学ぶ傍ら、智美さんも近所のイチゴ農家でスタッフとして経験を積んできました。

 6000平方メートルの土地を借りイチゴ農家として第一歩を踏み出した時は、初めて育てる自分たちの苗が「とても愛しく感じた」と話す智美さん。収穫最盛期を迎える頃には朝6時からの収穫やパック詰め作業が深夜に及ぶ日々が続いても、幼い子どもたちの「おいしいね」とイチゴを頬張る笑顔や「頑張って」という応援が励みになったと言います。

 

 二人は「最終出荷を迎え1000平方メートル当たりの平均収穫量が5トンといわれる中、目標としていた6トンを達成し、ホッとしています。今後は効率アップを図るとともにさらに『おいしさ』を追求し規模も広げていきたい」と笑顔で抱負を語ってくれました。