河口恭吾さん(左)と川崎鷹也さん

 栃木県は20日、10月31日に予定する全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」の閉会式のステージイベントに、佐野市出身のシンガー・ソングライター河口恭吾さん(47)と那須塩原市出身のシンガー・ソングライター川崎鷹也さん(27)の出演が決まったと発表した。

 河口さんは2000年にデビューし、03年に発売した「桜」で日本有線大賞有線音楽賞を受賞した。21年には川崎さんとタッグを組んだ楽曲「Stay Blue(feat.川崎鷹也)」を配信した。

 川崎さんは18年発売の楽曲「魔法の絨毯(じゅうたん)」が20年に会員制交流サイトで話題となり、人気に火が付いた。

 同大会は10月29日に開会する。カンセキスタジアムとちぎ(宇都宮市)で開催する開閉会式には、漫才コンビのU字工事らが出演することが既に公表されている。

 県は今月30日まで、開閉会式の観覧者をホームページ(https://www.tochigikokutai2022.jp/kanranboshu)で募集している。