U字工事が参院選への投票を呼びかける動画の一場面(県提供)

 参院選の投票率向上につなげようと、栃木県選挙管理委員会は、栃木県出身のお笑いコンビ「U字工事」が出演する啓発動画を制作した。U字工事の2人は「選挙」をお題にした謎かけを披露しながら、投票の大切さを訴えている。公示日の22日から放送・配信する。

 動画は日常編と謎かけ編があり、各15秒。日常編は、ギョーザを食べながら福田薫(ふくだかおる)さん(44)と益子卓郎(ましこたくろう)さん(44)が選挙へ行ったかを張り合う。謎かけ編では、福田さんが「『選挙』とかけまして『栃木のおいしいお米』とときます」と発言。益子さんが「その心は」と聞くと、福田さんは「どちらも1票(俵)の重さを感じます」と答える。

 動画はとちぎテレビや県内のケーブルテレビで放送。若年層の投票率向上を目指し、ユーチューブやインスタグラムなど交流サイト(SNS)の広告でも配信する。

 このほか、県選管は親子連れ投票を促進するメッセージカードを作製。学校を通じて県内小学1〜3年の子どもを持つ保護者に配布している。親と一緒に投票所へ行くことで、子どもに政治参加の雰囲気を味わってもらい、将来の投票につなげる狙いだ。