サッカー天皇杯で4回戦進出を決めて喜び合う栃木SCの選手たち

 サッカーの第102回天皇杯全日本選手権は22日、各地で3回戦16試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎでJ1首位の横浜Mを2-0で撃破し、2008年以来大会3度目の4回戦進出を決めた。天皇杯で栃木SCがJ1チームに勝つのは初めて。

 栃木SCは前半から防戦一方だったが、GK藤田和輝(ふじたかずき)の好セーブなどで0-0で折り返した。後半13分、MF神戸康輔(かんべこうすけ)のミドルシュートが決まり先制。その後、相手の反撃に耐え続け、ロスタイムにFWジュニーニョがダメ押しのゴールを決めた。

 栃木SCは7月13日、4回戦で京都と対戦する。時間、会場は未定。