(左から)社民党の福島党首、日本維新の会の馬場氏

応援演説する馬場氏=23日午後、宇都宮市インターパーク4丁目

支持を訴える社民党の福島党首=23日午後、JR宇都宮駅前

(左から)社民党の福島党首、日本維新の会の馬場氏 応援演説する馬場氏=23日午後、宇都宮市インターパーク4丁目 支持を訴える社民党の福島党首=23日午後、JR宇都宮駅前

 参院選公示から一夜明けた23日、栃木選挙区(改選数1)には日本維新の会の馬場伸幸(ばばのぶゆき)共同代表と社民党の福島瑞穂(ふくしまみずほ)党首がそれぞれ県都の宇都宮市に入り、支持を訴えた。

 馬場氏は同市インターパーク4丁目の商業施設の駐車場で演説。「税金で暮らす政治家が国民より良い生活を送るのはおかしい」と主張した。大阪では維新の議員の待遇見直しや定数減を進めた結果、行政職員の意識改革にもつながったとして「大阪再生を実現できた」とアピールした。

 大阪の私立高校や大阪公立大で始まった授業料無償化にも言及し「経済的理由で進学を諦める子をなくすのが私たちの目標だ」と強調。「こうした改革を栃木でもやらせてほしい。一緒に新しい日本の幕開けを迎えよう」と締めくくった。

 福島氏はオリオン通りを練り歩き、地元商店主や買い物客から物価高の影響などを聞いて回った。

 その後、JR宇都宮駅西口で街頭演説し「格差を広げ、生きづらさの原因となった新自由主義を変えない限り、苦しみは続く。大企業のための税制、経済を変えていく」と声を張り上げた。

 「憲法9条の下で平和国家だった日本で、憲法が壊れつつある」と改憲勢力を批判。同日の「沖縄慰霊の日」にも触れ「軍隊は人を守らない、戦争をさせてはならない。そのために頑張りたい」と気勢を上げた。