福田知事(右)から委嘱状のバルーンブーケを受け取る大島さん

 結婚を応援する機運を県全体で醸成しようと、栃木県は23日、結婚や婚活の明るいイメージを発信する「ふたりの未来応援アンバサダー」に、大田原市出身でお笑いトリオ「森三中」の大島美幸(おおしまみゆき)さん(42)を任命した。

 アンバサダーの任命は今回が初めて。大島さんは2002年、放送作家の鈴木(すずき)おさむさんと結婚し、現在1児の母。

 県庁でセレモニーを行い、福田富一(ふくだとみかず)知事は「家族で過ごす楽しさや夫婦で生きる喜びを伝えてほしい」と話し、委嘱状のバルーンブーケを贈った。

 受け取った大島さんは「栃木県民は引っ込み思案なところがある。背中を押すことができればと思っている」と話した。大島さんは今後、トークショーなどさまざまな広報活動に取り組む。

 任命に合わせ、大島さんが選んだウエディングドレスを着て無料で写真が撮れるフォト体験を企画。抽選で5組に贈る。20代限定で、とちぎ結婚支援センターの入会登録料を半額にするキャンペーンも実施している。