大隈広郷氏

 日本の学校教育に疑問を持つ。柔軟な発想が求められる時代だからこそ、「子どもの個性を引き出す仕組みが必要」と確信している。

◇参院選特設ページはこちら

 デザイナーの経験を生かし、子どもが「あったらいいな」と発想したものを再現するイベントを県内で開催してきた。参加する子どもに学校生活の感想を聞くと「先生は話を聞いてくれないことも。ここは正解も間違いもないからいい」と話したという。「今の教育は(評価が)点数中心になっている」と危機感を抱く。

 党員が教育について熱心に語る参政党の動画を見て感銘を受けた。今年4月に声をかけられ、「私にも何かできることがあるかもしれない」と出馬を決断した。子どもの自由な発想を引き出す環境を整えるため、探求型フリースクールの開設を目指している。

 鹿児島県で生まれた後、数回の引っ越しを経て、中高生の多感な時期は沖縄県で過ごした。ギリシャなどに留学経験があり、「海外の教育は70人いれば70の答えがあった」と語る。

 15年ほど前に栃木県へ移り住み、現在は日光市在住。周りの人からは「行動力がある」と言われる。飼い猫3匹が日々の癒やし。