佐野周辺の気温上昇諸要因のイメージ

 各地で猛烈な暑さとなる中、佐野では27日に県内観測史上最高に並ぶ39・8度を記録し、26、27日と2日連続で全国トップの最高気温となった。なぜ佐野はこんなにも暑いのか。気象の専門家は、暖かい空気がたまりやすい内陸部の地理的要因のほか、山から乾燥した風が吹き下ろし気温が上昇する「フェーン現象」の影響、首都圏の暖められた空気が流れ込んでくる可能性を指摘した。

 佐野では25日、県内観測史上2番目の39・7度を記録し、全国3位の暑さに。翌26日は36・8度、27日は39・8度まで達した。

 「暑さ」で有名な周辺地域でも気温は上昇。いずれも25日に群馬県の伊勢崎が40・2度、同県の館林が39・4度、埼玉県の熊谷が38・4度を観測した。中でも佐野は3日連続で全国トップ3に入った。

 ここ数日の佐野の猛烈な暑さについて、宇都宮地方気象台は、太平洋高気圧の影響で東日本を中心に晴れて強い日差しとなったと説明。周囲を山に囲まれた地形により、山を越えた風が麓に吹き下ろす際に乾燥して気温が上昇するフェーン現象が発生し、気温が上がった可能性を示した。

 日本気象協会によると、佐野や周辺地域は内陸部で海風の影響を受けにくく、暖まった空気がたまりやすい特徴があるという。

 ビル街など都市部の気温が周囲より高くなる「ヒートアイランド現象」なども伴い、南西からの暖かい風が吹き込んだ影響も指摘。「首都圏から暖かい空気が流れ込みやすい」と解説した。

 担当者は佐野や館林、伊勢崎、熊谷の観測地点について「関東で最も気温が上がりやすい地域」と強調する。ここ数日の最高気温について「どこが全国1位の暑さになってもおかしくない状況だった」と分析した。