佐藤宇都宮市長(手前左)に今季の成績などを報告するブレックスの田臥(右から2人目)と藤本社長(右)=宇都宮市役所

佐藤宇都宮市長(右から3人目)に今季の成績などを報告したブレックスの田臥(同4人目)と藤本社長(同2人目)=宇都宮市役所

佐藤宇都宮市長(右)にサイン入りのユニホームを手渡すブレックスの田臥(左)。奥は藤本社長=宇都宮市役所

佐藤宇都宮市長(手前左)に今季の成績などを報告するブレックスの田臥(右から2人目)と藤本社長(右)=宇都宮市役所 佐藤宇都宮市長(右から3人目)に今季の成績などを報告したブレックスの田臥(同4人目)と藤本社長(同2人目)=宇都宮市役所 佐藤宇都宮市長(右)にサイン入りのユニホームを手渡すブレックスの田臥(左)。奥は藤本社長=宇都宮市役所

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスの藤本光正(ふじもとみつまさ)社長と田臥勇太(たぶせゆうた)主将は28日、宇都宮市役所に佐藤栄一(さとうえいいち)市長を訪れ、5季ぶり2度目のBリーグ王者となった2021-22年シーズンの活動について報告した。

 優勝トロフィーを前に、佐藤市長は「強敵を次々と倒しての優勝」とチームをたたえ「バスケットを見る人が本当に増えた」と反響や波及効果に驚きを示した。

 3地区制になる来季について、FIBAアジアチャンピオンズカップのほか、韓国、台湾、フィリピンとの4カ国で行われる東アジアスーパーリーグに参加することも報告された。藤本社長は「アジアの中でも宇都宮をPRしたい」と話した。

 またファンを楽しませるという視点から、田臥は「特別な日に(市旗の)えんじ色のユニホームで試合をしても面白いですね」と提案していた。