» 動画ページへ

霧降高原の風に揺れるニッコウキスゲ=午前11時35分、日光市所野

 栃木県日光市所野の「霧降高原キスゲ平園地」でニッコウキスゲが見頃を迎え、高原のそよ風に揺れる山吹色の花が涼感を呼んでいる。

 園地は標高1300~1600メートルの場所にあり、赤薙山の斜面約10ヘクタールにわたって群生する。管理する自然公園財団日光支部によると、今年は例年より約1週間遅い6月18日ごろに開花。連日の暑さで咲き進み、見頃は10日ごろまでという。

 2日も真夏のような暑さに見舞われたものの、週末とあって多くの観光客らが来園。木道の両脇に広がる花の上を飛び交うアキアカネも見られた。東京都江東区、公務員中川直光(なかがわなおみつ)さん(37)は「花数も多く、癒やされますね」と笑顔で話していた。