古口達也氏

 任期満了に伴う茂木町長選と、町議補選(欠員1)は5日、告示される。町長選に立候補を表明しているのは6選を目指す無所属現職の古口達也(こぐちたつや)氏(68)=自民推薦=のみで、無投票となる公算が大きい。町議補選には元職と新人各1人が立候補の意向を示しており、選挙戦になる見通し。

 古口氏は今年5月に「新型コロナウイルスと急激な物価上昇への対応を第一に、県町村会会長、全国町村会副会長として国や県、国会に現場の声を届けたい。町民の命と生活を守るため、継続性をもって町政を運営する強い思いを持った」と立候補を正式表明した。

 中学校への公営塾開設、光ケーブルの全町敷設替え、道の駅もてぎ改築の基本計画策定などを公約としながら、人口減少問題への対応を前進させることを掲げている。

 6期目の当選を果たせば、町長としては過去に7期務めた2人に続き戦後2番目の多選となる。

 古口達也氏(68) 無現

 茂木町長。2002年に初当選、5期目。県町村会長、全国町村会副会長。中央大法学部卒。茂木町茂木。