トコトコ大田原に設置された七夕飾り

 【大田原】市産のマダケに子どもたちの願いをのせた七夕飾りが、中央1丁目のトコトコ大田原・吹き抜けフロア「光庭」に置かれている。7日まで。

 七夕飾りは、施設を管理する大田原まちづくりカンパニーの高橋彰(たかはしあきら)さん(42)が中心となって2014年から設置している。

 マダケは羽田の農場から提供を受け、大田原商工会議所青年部が剪定(せんてい)するなどして26本を用意。市内の学童保育館を利用する児童らが願いを書いた短冊約3千枚と、折り紙飾り約1万2千個が飾り付けられている。

 「お金をためてゲームを買いたい」と短冊に書いた西原小1年稲見優仁(いなみゆうと)君(6)は「お手伝いや勉強をたくさん頑張りたい」と笑顔で話していた。