赤ちゃんの日を記念して行われた「ハイハイレース」=10日午前11時30分、宇都宮市陽東6丁目

 「赤ちゃんの日」の10日、宇都宮市陽東6丁目の大型商業施設ベルモール内カリヨンプラザで「ハイハイレース」が開かれ、両親らの声援を受けながら乳児たちが“力走”した。

Web写真館に別カットの写真

 赤ちゃんの日は妊娠期間「十月十日」に由来し、赤ちゃんの健やかな成長を祈る記念日。レースはこの記念日を提唱し、26日、同施設2階に店舗オープンする子ども用品販売の赤ちゃん本舗(大阪市)が開いた。

 午前のレースには1歳前後の約50人が参加し、3人ずつ約3メートルの距離を競った。一目散にゴールを目指す子もいれば、座り込む子や泣きだす子もいた。見事ゴールすると、その都度会場が大きな拍手に包まれた。

 宇都宮市宮の内4丁目、会社員鈴木啓友(すずきけいすけ)さん(34)・文音(あやね)さん(24)は11カ月の娘つむぎちゃんを参加させた。「普段はすごく動くんですが、隣のコースの子とじゃれてしまった」と振り返りながら、「何事にも動じなさそう」と目を細めていた。