ほら、紙面から拍手や歓声が聞こえてきます…。多くの物を失った一年。「発表の場」が得られなかった皆さんが集いました。あなたの、私の、そしてみんなの2020、精進の成果をご覧あれ。

 
アスポ × 発表会
輝く成果に拍手を

 

 

 

工房陽だまりのみんなと  吉田庸子(67)

 

 
宇都宮市河内生涯学習センターをお借りして月2回ステンドグラスの趣味を持つ仲間たちが世界でただ一つの作品を作っています。いつもなら、秋に作品展に参加していました、今年は新型コロナウイルスの感染予防のため中止になってしまいました。

 

 

 

展示会が中止で 大谷章(82)

 

 

明けても暮れてもコロナウイルス感染症が拡大中、私の作品のスポーツ選手、アマビエ、黄色のぶな、木の枝で手洗いの励行など。何件かの展示会が中止となり残念でした。一部の作品を写真におさめました。

 

 

 

来年はみんなの前で  伊藤綾花(12)

 

 
コロナの影響で無観客のピアノ発表会になり残念。来年は友達やおばあちゃんをよべますように!

 

 

遠く離れた父母を思って スナフキン(52)主婦

 

 

遠く離れた父母のことをおもう歌。いくつになっても、子どもは親のことが大好きなのだなと、しみじみ思います。リビングの講座がきっかけで習い始めた筆ペンで書きました。

 

気分はあめ細工職人 なごみママ(42)主婦

 

 

娘が5 色のソフトキャンディを使って、ミニチュアのお料理を作りました。どれもおいしそうで食べるのがもったいないな。おうちの中でも楽しく過ごせて良かったです!

 

活気が戻ってほしい ニャートピア(71)無職

 

 

日光湯ノ湖、ボートのある風景です。また活気が戻ってほしい。

 

 

かかし祭りで特選に へのへのもへちゃん(77)無職

 

 

第1 回サシバの里かかし祭で思いがけず特選を受賞しました。「へのへのもへちゃん」です。今は2本足のかかしなのですね。

 

安心して暮らしたい 国府八島(83) 無職

 

 

早く元の生活に戻りたい。新生活は息苦しい。思うがまま自由に出て歩きたい。そんな日が早く来てほしい。

 

魔よけの天狗を見て 青木林吉(71)無職

 

 

紅葉の時期に鹿沼市の古峯神社に行って境内の中を見学しました。二つの魔よけをするという大きな天狗を見て一句。

 

姉妹で作った詩 Viola hirtipes

 

 
ママが知らない時に、妹が6 歳上の小学1 年生のお姉ちゃんと作りました。姉妹の作品です。
 
 

 

好きな折り紙を 長恭子(79)

 

 

私は折り紙が好きです。コロナの影響などもあり、家にいるとき、暇なときいつも折り紙で気を紛らわせています。

 

夏休みに作った工作 敏くん(45)会社員

 

 

 

子どもたちが夏休みに作った工作「えんぴつたて」です。

 

夏休みに作った工作 敏くん(45)会社員

 

 

新聞ちぎり絵を始めて1年。障害者の私にとって初めて作品展である宇都宮市主催の「わくわくアート展」という障害者アート展へ出展し審査委員特別賞を受賞しました。来年も出展したいと思います。ちぎり絵を教えてくださったT さんに感謝です。

 

アスポ編集部のつぶやきなども載っている、アスポのFacebookページもご覧ください。