死者、行方不明者、震災関連死を合わせて2万2000人以上が犠牲になった東日本大震災は3月11日で発生から10年を迎える。地震、津波、原発事故が複合した未曽有の大災害は、私たちに何をもたらしたのか。とちぎから考える。

 

特集

 

それぞれの現在地

県外から栃木県に身を寄せ、暮らしを育む人。震災をきっかけに、進む道を決めた人。東北で出会った縁を大切にする人。震災や事故と向き合い、歩んできた人々の現在地を伝える。

 

記者が見た福島

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から10年。被災地の福島県浪江町で生まれ育った記者が、古里の現状を見つめた。

 

動画で振り返る

発生直後

2011年3月11日午後2時46分。三陸沖を震源とするマグニチュード9・0の巨大な揺れは、県内も襲った。宇都宮市などで震度6強を観測した。

悲鳴が響き渡る

学校、会社、街なかに悲鳴が響いた。体育館の天井ボードなどが落下する被害を受けた中学校では、教師が「逃げろ」と叫び、生徒は一斉に走った。

救助活動も虚しく

闇に包まれた山あいでは夜通しの救助活動が続いた。那須烏山市で農作業中の夫婦が土砂崩れに巻き込まれ、いずれも遺体で発見された。

避難所で眠れぬ一夜

震災当日、県内の避難所では約9500人が眠れぬ一夜を明かした。押し寄せるのは寒さと不安。体を包んでくれる毛布だけが頼りだった。

甚大な被害

県内で確認された被害は死者4人、負傷者133人、住宅被害7万6432軒(いずれも2020年3月時点)。特に県東部は甚大な被害を受けた。

関連ニュース