「いろんな顔を楽しんでほしい」と話す山中柔太朗=都内

「いろんな顔を楽しんでほしい」と話す山中柔太朗=都内

 昨年、大手芸能事務所スターダストプロモーションの7人組ボーカルダンスユニット「M!LK(ミルク)」に加入し、注目を集めている山中柔太朗(やまなかじゅうたろう)。芸能界に入ってまだ2年だが、目まぐるしいスピードで飛躍を遂げている。

 スポーツ用品を買うために友人と訪れた東京・原宿の竹下通りでスカウトされたのは、中学3年の時。当時はサッカー一筋で県選抜の経験もあり、高校から特待生の誘いも受けていた。サッカーを続けるか、芸能界入りか-。迷う背中を母親に押され、新たな世界に飛び込んだ。

 事務所の若手男性俳優・タレント集団「E(エ)Bi(ビ)DA(ダ)N(ン)」の研究生となり、昨年8月、M!LKの新メンバー3人に選ばれた。「突然の加入をファンに受け入れてもらえるか不安だった」が、新体制となって初めて発売されたシングルCDはオリコンウイークリーチャートでM!LKとして最高位の2位を記録。「うれしくて涙が出た」と声を弾ませる。

 「M!LKはカワイイからかっこいいまで、変幻自在な面白さがある。個々の個性が強いので、埋もれないよう、売りであるミステリアスな雰囲気を出していきたい」。爽やかな好青年が写真撮影では一変。クールな表情で、見る者を捉えて離さない存在感を醸し出す。

 来月には加入して初のアルバムCDが発売される。「数年後に聴いても『いい』と思える作品。M!LKのいろんな顔を楽しんでほしい」