登録決定の翌朝、小山市役所前に掲げられた看板。市も積極的にPRに乗り出した

技術継承が危ぶまれる中、小山市は14年4月、結城紬の技術を習得し後世に伝える職員「紬織士」を初めて…