【荒川】
 オイカワ釣りで人気の川に釣り人が戻ってきた。さくら市喜連川の連城橋上流の浅瀬で蚊バリにオイカワが強く反応、一投ごとに水面を割って飛び付くことも。また、3本針に2匹掛かることもしばしば。増水で川虫が流され餌が少ないことから蚊バリが効果を発揮しているようだ。那須烏山市大金の荒川橋周辺も入れ食い。ただ、12月になると例年、極端な食い渋りになることから今がチャンスだ。

【那珂川】
 水位は下がりつつあるが、まだ薄濁り状態。那須烏山市の下野大橋周辺は、80センチ超のコイの釣果。投げ釣りは川底の変化から厳しいと地元ファン。もう少し減水すれば流れで蚊バリ釣りが楽しめそう。

【鬼怒川】
 白濁の水はまだしばらく続きそうで、JR岡本鉄橋から国道4号橋間に釣り人が集まっている。食わせ釣りで15~20センチのウグイが入れ食いの場面もある。また、早朝は水面に雨のようなライズも見られる。大型コイの魚影もある。

【小倉川】
 管内の大芦川は「鹿沼市の引田橋付近でカジカが30匹前後釣れる」と大芦川自然クラブの田村哲(たむらさとし)さん。水位が下がりつつあって下流の赤石橋周辺も狙いになるという。また、オイカワが蚊バリで入れ食いの場面もある。

【思川】
 小山市の両毛線鉄橋周辺でオイカワの蚊バリ釣りが始まり「100匹超えの束釣り」と蚊バリを製作販売している腰塚俊治(こしづかしゅんじ)さん。腰塚式蚊バリはキツネ型3号のハリに白や黒の短い羽を巻いた毛針で、ハリスと幹糸は0、8号の3本バリ、間隔は40センチがトラブルが少なくベストという。「簡単に作れるので自作の蚊バリ釣りを楽しんでほしい」とアドバイスする。

【黒川】
 壬生町の東雲公園周辺でオイカワが蚊バリに入れ食い状態。鹿沼市周辺が狙いになる。

【東古屋湖】
 濁りも徐々に回復していて大型マスの釣果も増えつつある。キャンプ場周辺の流れ込みや管理事務所前に魚影。ワカサギも好調でベテランは束釣りも。

【なら山沼漁場(下都賀漁協直営)】
 8日再オープン。台風19号による水害で休業となっていたが整備が進んだことから再開する。同漁協は「ご迷惑を掛けたが放流体制も整ったのでぜひ楽しんでほしい」とコメント。