黒後愛選手(日本協会提供)

全日本高校選手権で2連覇し、2年連続MVPにも輝いた黒後選手=2017年1月8日、東京都

全日本高校選手権で活躍する黒後選手=2017年1月6日、東京都

黒後愛選手(日本協会提供) 全日本高校選手権で2連覇し、2年連続MVPにも輝いた黒後選手=2017年1月8日、東京都 全日本高校選手権で活躍する黒後選手=2017年1月6日、東京都

 現在、さまざまな大会が延期や中止になっています。私たちアスリートはもちろんですが、部活動をしている中高生や試合を楽しみにしてくれているファンを含め、スポーツに関わる全ての人がストレスを感じているのではないでしょうか。

 しかし、こんな状況だからこそ、できることや新しく取り組めることがあると思います。私は「この時期があったからこそ今がある」と思える未来をつくれたらいいなと思っています。

 私は東京五輪延期の決定をテレビで知りましたが、実感が全くありませんでした。延期という事実を信じたくなかったのかもしれません。しかし、日々はどんどん進んでいくものです。

 その後、私はどんな自分になっていたいか、未来の自分を頭の中で描きました。たどり着いた結果は「応援してくださる方々の記憶に残る選手になりたい」ということ。思い通りにならない状況に悩み、立ち止まっている時間はもったいないと思いました。今は応援してくださる方々へ恩返しできるよう、トレーニングに励んでいます。

 日常を過ごしていると、前向きになれなかったり、マイナスな感情が出てきてしまうこともあるでしょう。ですが、私たちが何げなく生きている一日は、誰かが生きたかった一日です。決して当たり前ではありません。

 少し休んだ後は自分のペースで、未来へ向かって最高の選択をしていけるように、感謝の気持ちと夢と目標を持って進んでいければいいなと思っています。人と人とが歩み寄り、支え合い、この状況をみんなで乗り越えていきましょう。

 ◆プロフィル 1998年、宇都宮市生まれ。若松原中-下北沢成徳高(東京)。東レ所属。バレーボール女子日本代表。180センチ。