東京五輪第2日の24日、柔道男子60キロ級決勝で高藤直寿(たかとう・なおひさ)(28)=下野市出身、パーク24=が楊勇緯(よう・ゆうい)(台湾)を接戦の末に破り、日本選手団の金メダル第1号を獲得した。「お家芸」の活躍で、自国開催の祭典のムードが高まった。

 2013年の世界選手権を20歳で初制覇した。16年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを期待されたが、銅メダルにとどまった。17、18年と再び世界選手権で優勝し、雪辱を期して臨んだ今大会は自由自在な動きと鋭い足技を披露し、頂点に立った。

 この階級は野村忠宏(のむら・ただひろ)が1996年アトランタ五輪から04年アテネ五輪まで3連覇の偉業を達成したが、その後は優勝に届かなかった。ジュニア時代から「天才」と称された男が、聖地の日本武道館で4大会ぶりに王座を奪還した。


【電子号外】高藤 悲願の金メダル(7月24日)